注目の記事 PICK UP!

【ざっくり解説】仮想通貨の業界用語「GOXする」とは?

【ざっくり解説】仮想通貨の業界用語「GOXする」とは?

2017年1月26日に起きた仮想通貨取引所coincheck(コインチェック)のハッキング事件。

この事件により顧客の所持していた仮想通貨NEM(ネム)が日本円にして約600憶円盗まれてしまいました。

 

この事件により「GOX(ゴックス)する」という単語が飛び交っているように感じます。

セルフGOXする、なんて派生形もあり、仮想通貨についてある程度の知識がある人であれば当然知っている単語であるものの、普通の人にはあまりなじみのない言葉かと思います。

 

「GOXする」とはどういう意味なのでしょうか。




 

「GOX(ゴックス)する」とは「自分の持っていた仮想通貨が消える」という意味

「GOXする」とは「持っていた仮想通貨が消える」という意味です。

例えばcoincheckのNEMがGOXしたと言うと、coincheckのNEMが消えてしまったという意味になります。

 

今回はハッカーによって盗まれてしまいましたが、どんな理由であれ突然通貨が消えてしまうことをGOXする、と表現します。

派生形として「セルフGOX」という言葉がありますが、これは自分の操作ミス等により持っていた仮想通貨が消えてしまう事を意味します。

誤ったアドレスへ仮想通貨を送金してしまう事による「セルフGOX」が割とよくある例です。

イーサリアムのアドレスへビットコインを送金してしまうなどもセルフGOXの原因となるので気をつけましょう。

 

「GOXする」ってなんの略?

「Mt.GOX(マウントゴックス)する」の略です。

マウントゴックスとは2014年2月まであった仮想通貨取引所で、ハッカーによる不正アクセスにより75万BTC(約479億円)を盗まれて破綻してしまいました。

これは「マウントゴックス事件」と呼ばれています。

この事件になぞらえて仮想通貨が消えてしまうことは「GOXする」と呼ばれています。

 

GOXの被害を受けないためには?

仮想通貨の取引所は常にハッカーからの脅威にさらされています。

ハッカーからしてみればどんなにお金や労力をかけようと、取引所をハッキングできれば帰ってくるリターンが尋常なく大きいのであの手この手を使って攻撃してきます。

取引所側も顧客の資産を守るために様々なセキュリティ対策を施しているかと思いますが、今回のCoincheck事件より、やはり破られてしまう可能性が常にある事が世間にも認知されたかと思います。

 

GOXの被害から身を守るためには、取引所はあくまで売買をするときのみお金を置き、それ以外は常に自分のウォレットに入れておくことが重要になります。

通常、取引所で売買した仮想通貨はその取引所の自分のアカウントで管理されますがこのお金は取引所がハッキングされたら消えてしまいます。

 

なので、自分のパソコンの中に仮想通貨を保存する為のウォレットを作成して、取引所からウォレットに仮想通貨を送っておきましょう。

そうすれば取引所がGOXしても自分のパソコンのウォレットに入っている仮想通貨は無事で済みます。

 

もちろん自分のパソコンがハッカーに狙い撃ちされてハッキングされたらウォレットに入っていた仮想通貨は盗まれてしまいますが、そうなる事は取引所に保管しておくよりははるかに可能性は低いです。

ハッカーからしてみればいくら入っているかわからない(そもそもウォレットがあるかわからない)パソコンから一つ選び苦労して危険を冒してハッキングするくらいなら確実に大量にお金が入っている所を狙うからです。

それでも万が一のことを考え、パソコンにはセキュリティソフトを入れる等して、自分の資産は自分でしっかり守りましょう。

 

パソコンをインターネットにつながないオフラインウォレットやハードウェアウォレットならハッキングはそもそも不可能になります。

お金を多少出してでも確実に資産を守りたい方はこちらを使うとより安全になります。




 

まとめ

仮想通貨は管理主体がないので、GOXしたお金はどんなに泣きついても二度と帰ってきません。

これからは「自分の資産は自分で守る」時代です。

自分には関係ないことだと思っていると後悔することになるかもしれません。

GOXした人たちもウォレットの存在は知りつつも「自分がGOXするはずがない」と思っていた人が大半だと思います。

ウォレットの設定はたった1時間で、無料でできます。

今1時間費やすだけでGOXする可能性を飛躍的に減らすことができるので、是非今後はウォレットで管理することをお勧めします。

 

本日も最新DAPPS情報をツイート中。

関連記事

  1. 物理サーバーでBitZenyのマイニングをするとどれだけ収益が出るのか?

  2. イーサリアムとブロックチェーン

    ERC20トークンって結局何なの?難しい言葉を使わず説明します。

  3. ZAIFの登録方法~NEMの買い方まで一連の流れを解説!

  4. ビットゼニーのアイコン

    BitZeny(ビットゼニー)とはどんな仮想通貨?マイニングの効率がいい?

  5. 国内取引所スプレッド比較

    国内仮想通貨FX取引所 全8社の手数料を徹底比較|スプレッドの狭い取引所は?

人気記事

  1. 未来のゲーム
  2. DAPPSイメージ
  3. Web3.0セミナー 後編
  4. CryptoSpellsロゴ
  5. クリドラドラゴン
  6. Web3.0セミナー
  7. Etherbotsホーム
PAGE TOP