一人暮らしに必要最低限の機能を備えた安い家電をまとめて紹介!

家電の置かれたダイニング

一人暮らしを始めるけど本当に買うべき家電は何だろう・・?

一人暮らしに必要な家電のスペック、大きさがわからない・・

できるだけ初期費用を安くしたいけれど質の悪い製品をつかみたくもない・・

 

こんな方も多いのではないでしょうか。

家電は大きさ、質、値段と様々な上に一人暮らしを始める為に必要な家電は複数あります。

 

どれが本当にいいのか取捨選択するのは大変ですよね。

ここでは一人暮らしをできるだけ安く始めたい方向けに必要な家電、必ずしも必要ではない家電に分けて紹介していきます。

また、それぞれの家電において一人暮らしに適したスペックで、できるだけ安いおすすめ商品を掲載しています。

参考にしていただければ幸いです。

 

◆家電はどこで買うべきか?

家電量販店か、ネット通販の2択になるかと思います。

両方にメリットデメリットがあります。

家電量販店はその場で店員に製品のスペック、特徴などを詳しく聞くことができる事と製品を自分の目で見る事ができる事が最大のメリットです。上手く交渉することで値切る事もできます。

しかし必要以上に高いものを買わされてしまう可能性があります。買わされなくてもいらないものを宣伝されるのは迷惑なものです。

また、持って帰れない家電の場合配送料がかかります。

 

ネット通販のメリットは店を回って家電を探す手間がなくなる事はもちろん、レビューを見る事で直接店員に聞く以上の情報、実際に使った人の生の声を聞くことができます。

また、Amazonプライム会員など送料無料、日付指定のサービスがある場合は引っ越し日に合わせて引っ越し先に配送してもらう事で配送料をかけずに現地に届けることができます。

デメリットは店員に口頭で詳しく聞けない事、実物を目で見る事ができない事でしょう。

 

一概にどちらがいいとは言えませんが、Amazonプライム会員など送料無料になるサービスが受けられる方であれば結果的にはこちらの方が安くなる事が多いです。

 

◆必見!一人暮らしに本当に必要な家電はこれだ!

冷蔵庫の中

1.冷蔵庫

言わずもがな生活には絶対必須の家電です。

なければ冷えた飲み物1本保管できないのでさすがに削る事はできません。

 

〇冷蔵庫に必要なスペックとは?

最低限必要な機能は「自動霜取り機能」です。

この機能がないと冷凍庫内に霜が付き、自分で掃除をしなくてはなりません。

霜を放置すると2~5割ほど余計に電気代がかかると言われています。

 

また、「大きさ」には注意しましょう。

冷蔵庫内に何を入れるかにより必要な冷蔵の大きさは変わってきます。

自炊がメインなら160L以上の冷蔵庫は欲しい所です。

自炊をしない人であれば140L程度の大きさがあれば十分です。

私は140Lの冷蔵庫を使っていますが自炊をしない為、常に1/3しか埋まっていません。

不要な大きさの冷蔵庫を買うとかさばる上に余計な出費がかさみます。

本当に必要なサイズを見極めましょう。

 

〇 一人暮らしにおすすめの冷蔵庫は?

 

シャープ 冷蔵庫 小型 2ドア つけかえどっちもドア 137L ホワイト SJ-D14C-W

 

137Lという最低限の容量と自動霜取り機能を兼ね備えている安価な冷蔵庫です。

自炊をせず、最低限の機能で良いから安いものが欲しいという方にはおすすめです。

欠点としては稼働音がややうるさい事です。

1Kなど、キッチンと部屋が分かれていれば問題ありませんが1Rの部屋には適さないでしょう。

 

2.電子レンジ

白い電子レンジ

自炊するしないにかかわらず絶対必須です。

なければ買ってきたお惣菜一つ温められません。

安いものを選んでもあまり機能が劣化する事がないので費用を抑えたければ電子レンジで安いものを買いましょう。

 

〇電子レンジに必要なスペックとは?

電子レンジにはターンテーブルタイプとフラットタイプがありますが、圧倒的にフラットタイプがおすすめです。

ターンテーブルタイプは掃除がしづらく、何よりも壊れやすいです。

フラットタイプにしたところでそんなに値段は変わらないのでこちらにするべきです。

 

また、容量は一人暮らしであれば17~20L程度あれば問題ありません。

少なくとも私はこの容量でものが入らないなどの不便を感じた事はありません。

使い勝手の面では、温め時間設定の際にダイヤル式ではなくボタン式がおすすめです。

ボタン式の方がより正確な時間温める事ができます。

 

〇 一人暮らしにおすすめの電子レンジは?

電子レンジ ARF205-W

フラットタイプ、ボタン式、容量17Lとまさに電子レンジに必要な最低限のスペックを備えています。

最低限のスペックながら見た目もスタイリッシュです。

非常に安価なので、電子レンジの機能だけがあれば十分という方にはおすすめです。

 

3.洗濯機

たくさん並んだ洗濯機

本当に必要な家電に入れさせて頂きましたが、コインランドリーをメインで使う方には不要かもしれません。

しかし多くの人は洗濯機を新調すると思うのでこちらで紹介させて頂きます。

 

〇洗濯機に必要なスペックとは?

洗濯機を選ぶ際には容量が最も重要です。

容量はどれだけ洗濯物が入るかを表し、洗濯の頻度に直結します。

基本的に一人暮らしの洗濯機であれば5Kgあれば十分です。

平均的な一人当たりの1日の洗濯物は約1.5Kgと言われているので一週間に2回洗濯することになります。

実際に私も週2で洗濯をしていますが、週2であれば洗濯が終わって干していた服が多少天気がわるくても乾いているのでちょうど良い頻度だと思います。

 

また、洗濯機にもいくつか種類がありますが、「縦型」で「全自動式」が最も一般的です。

全自動式は脱水までやってくれるもので、必要な最低ラインの機能です。

また、ドラム式もありますがこちらは一気に値段が跳ね上がるので費用を抑えたい方にはおすすめできません。

しかし自動で乾燥までしてくれる為干す手間がなく、楽さは桁違いです。資金に余裕がある方は検討すると良いでしょう。

 

「音」も注目ポイントです。

もともと音のうるさい家電なだけに、うるさいものを選んでしまうと非常にストレスが溜まります。

昼間に回すことのできない社会人は夜に回さざるを得ない為、騒音で近所迷惑とならないよう注意が必要です。

 

〇 一人暮らしにおすすめの洗濯機は?

ハイアール 5.5kg 全自動洗濯機 ブラックHaier JW-C55A-K

正直言って破格すぎます。今使っている洗濯機が壊れたら私ならこれを買います。

5.5Kgという容量でありながら2万円という価格には驚きました。

また、音もうるさくないので他に欲しい機能がなければ最もおすすめです。

◆絶対に必要ではないけれど、、お金に余裕があれば新調したい家電達

4.炊飯器

炊き立てのご飯

自炊をするつもりがない方は必要ないかもしれません。

しかしお米くらいは自分で炊いて、おかずのみ買ってくるといった生活にするだけでも食費はかなり安くなります。

ランニングコストを抑えたいのであれば買って損はありません。

 

〇炊飯器に必要なスペックとは?

炊飯器にはどれも大した違いはありません。

そして良いものを求めだすとキリがありません。

もちろん高級炊飯器の方がお米はおいしく炊けますが、炊飯器よりもお米自体を高級にした方がおいしいご飯が食べられます。

本当にこだわりたい方はおいしいお米、おいしい水、その次に高級な炊飯器を検討するべきです。

 

また、1合炊きができる炊飯器もありますが個人的には3合程度炊ける通常の炊飯器で問題ないと思います。

1合炊きだと毎回お米をとぐ必要があり、炊く時間も待つ必要があるため帰ってきてすぐにごはんが食べられず、結局炊かなくなってしまう可能性があります。

1度に3合くらい炊いてしまって、残りは冷凍する方が手間もかかりません。

炊き立てには味こそ劣りますが、冷凍ごはんは何かと便利です。

 

〇 一人暮らしにおすすめの炊飯器は?

アイリスオーヤマ 炊飯器 マイコン式 3合 銘柄炊き分け機能付き RC-MA30-B

3合炊きができるとてもコンパクトな炊飯器です。

一人暮らしで3合より多く炊く事はまずない為、場所をとらないコンパクトさはうれしい所です。

最安レベルの価格ながら炊き方の機能が豊富にある所もポイントです。

 

5.テレビ

テレビのある部屋

今やテレビのない家はほぼないと言っても良いでしょう。

テレビはサイズ、画質、機能などでピンキリです。

またテレビを見る頻度やこだわりによっても変わってくるため一概におすすめは決められませんが、最低限テレビが見られれば良いので安いものが欲しいという方向けに紹介します。

 

〇テレビに必要なスペックとは?

一人暮らしに最も多い6畳~8畳程度の部屋であれば32型のテレビが最も適しています。

32型とは約40センチx70センチ程度で快適な視聴距離が約1.2メートルと言われています。

この程度の大きさがあれば部屋のどこからでも快適な視聴が可能です。

 

また、4kのテレビが人気ですが、32型だとほとんど違いを感じる事ができません。

大きければ大きいほど画質の良さ、悪さは目立つため4kがおすすめできますが、32型程度であれば画質にこだわる必要はないと思います。

現在販売されているテレビは基本的に普通に視聴する分には十分な画質が備わっている為、こだわりがなければサイズにだけ気を付ければ問題ありません。

 

〇一人暮らしにおすすめのテレビは?

ハイセンス 32V型ハイビジョン液晶テレビ 外付けHDD録画対応(裏番組録画) メーカー3年保証 HJ32K3120
非常に安い価格の割に画質が良いと評判のテレビです。

外付けHDD録画にも対応している為、必要に応じて外付けUSBハードディスクを購入することで番組の録画も可能です。

 

6.電気ケトル

白い電子ケトル

必要ないと考える方も多いですが、活躍の場面がとても多いので費用対効果はとても高いです

スープを飲む時、インスタント味噌汁を飲む時、カップラーメンを食べる時と意外にお湯を沸かす機会は多いものです。

一人分程度の少量の水を1~2分で沸かす事ができるのでとても手軽です。

 

〇電気ケトルに必要なスペックとは?

選ぶ電気ケトルによって沸かすのにかかる時間(消費電力)、内容量が異なります。

沸かすまでの時間が最も重視されます。

早く少量の水を沸かしたいから電気ケトルを使っているのに沸かすのが遅いようではやかんで沸かすのと何も変わりません。

私が前に使用していたものは300ml程度のお湯を沸かすのに体感で3~4分もかかり、結局早いものに買い換えました。

 

また、一人暮らしであれば内容量は1L弱あれば十分です。

正直、1L以上のお湯を一度に沸かす機会はありません。あくまで一人分のお湯を手早く沸かす事が電気ケトルの役目です。

 

〇一人暮らしにおすすめの電気ケトルは?

ティファール 電気ケトル 0.8L アプレシア プラス コンパクトモデル カフェオレ BF805170

やはり電気ケトルでは圧倒的にティファールがおすすめです。

私は他の電気ケトルも使いましたが、結局ティファールに行きつきました。

特徴としては何よりも沸くのが早いです。140mlのお湯であれば50秒で沸きます。

下手な電気ケトルを買う事はやかんを買う事と同じです。電気ケトルの恩恵を享受するならティファールを買うべきです。

 

7.掃除機

床を綺麗にしてる掃除機

必要ない方も多いでしょう。私も一人暮らし開始当初はクイックルワイパー+コロコロで掃除していました。

正直最初はそれで十分だと思います。必ずしも掃除機は必要なものではありません。

しかしクイックルワイパーとコロコロでの掃除は効率が悪く時間がかかります。

掃除機を買う事は時間短縮につながり、すなわち時間を買う事であると私は掃除機を買ってから気づきました。

お金に余裕があり時間に余裕がなければ買うべきでしょう。

 

〇掃除機に必要なスペックとは?

掃除機には紙パックタイプとサイクロンタイプが存在します。

おすすめはサイクロンタイプです。

紙パックタイプは紙パックを購入する必要があり、手間とランニングコストがかかります。

サイクロンタイプは掃除機を買ってしまえば最後、特にコストがかかる事はありません。

 

また、掃除機である以上吸引力が強い事は重要です。

サイクロンタイプの掃除機の中には吸引力が非常に弱いものもあります。

「吸引力が落ちない」と宣伝されているものは多いですが、「吸引力が強い」と言っているわけではない所に落とし穴があります。

しっかりと吸引力は確認してから買いましょう。

 

〇一人暮らしにおすすめの掃除機とは?

ツインバード サイクロンスティック型クリーナー スケルトンブラック TC-E123SBK

サイクロンタイプでコンパクトであるにも関わらず吸引力が十分に強い事が特徴です。

また、スティックタイプなので場所も取らず一人暮らしには最適です。

取り外してハンディタイプにできる所もポイントが高いです。

それでいてこの安さ、、、一人暮らしの掃除機はこれで決まりです。

 

まとめ

家電はどれも高く、まとまった出費がかさむ為少しでも安いものにしたい、、という気持ちが働きます。

安い家電は特に、良いもの悪いものが混在している事が多く、しっかりと見極めて買わなければ結局は買いなおす事になります。

私はここで紹介している家電は自信をもっておすすめできますが、必ずしも皆様の求めているものにマッチするとは思っていません。

自分で調べて家電を買う時にはしっかりとレビューを確認し、良い所悪い所を見極めた上で購入するようにしましょう。

 

▶関連記事:一人暮らしでコーヒーメーカーが無いあなたは人生3割損している

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です