注目の記事 PICK UP!

イーサエモンミートアップ参加レポート!開発のやる気が凄く、今後も期待感大。

イーサエモンミートアップ

イーサエモンミートアップ、行ってきましたよ。

KALです。

 

イーサエモンと言えば世界で3つの指に入るくらい人気なDAPPSゲームですね。

これからDAPPSをやろうという方は絶対に抑えておくべきゲームです。

(そんな私はほぼ初期の3体しか持っておらず激弱です。笑)

割と初期のDAPPSであるにも関わらず今後VR化の話があったり、ロードマップもしっかりとしている印象があり、非常に期待感のあるDAPPSの一つです。

 

2018年7月5日、そんなイーサエモンのミートアップが渋谷で開催されました。

イーサエモン開発陣をはじめ、ダプマことdApps Marketさん(@dapps_market)やはるか先生(@harukatarotaro ‏)も登壇される、なかなか盛況な会となったので概要をレポートさせて頂きます。

スポンサーリンク



特別ゲスト(ダプマさん、はるか先生)パート

dApps Marketさんパート

 

まずはじめにダプマさんのパート。

彗星の如く現れ、今やDAPPS界の確固たるインフルエンサーとなったdApps Marketさん。(私の目からはそう映ってます)

どんな方なんだろうなーと思っていましたが、とても穏やかに、かつわかりやすく話をされるナイスガイでした。

ダプマさんのパートでは、イーサエモンというゲームの概要、昨今のDAPPS動向、今後DAPPSという市場がどうなっていくのか?という事について話されていました。

 

現在のブロックチェーンゲームでは大きく2種類の人に分けられる。

1つは投機として、先行者優位による利益を上げる事を目的にゲームをする人。

そしてもう一方は純粋にゲームとして楽しみ、もし利益が上がればラッキーかな、という人。

 

dApps Marketの中でもイーサエモンが一番記事の多いゲームであり、非常に注目している。

現在あるブロックチェーンゲームのトランザクション数を追っていくと、イーサエモンは大体2~3位前後。

1位はCryptoKitties、2、3位は変動するためその時々で変化する印象との事。

 

イーサエモンのアクティブユーザーはワールドワイドで300人程度と見ており、DAPPS自体がまだまだスタートアップの段階。

現段階であまりイーサエモンを始めとしたDAPPSが普及していないのはプロモーションが足りていないからで、それは開発陣も理解しているはず。

まだゲーム自体が不完全な状態なので、この状態でプロモーションした所で結局ユーザーは離れてしまうと考えられるため、ゲームが完成してから大々的にプロモーションを打つのでは?

 

はるか先生パート

 

はるか先生の方ではブロックチェーンゲーム全般的な所、今注目している所についてお話されていました。

 

現在ERC721トークンを使用したDAPPSがどんどん増えてきているが、ERC721トークンを使うことによりゲーム上に自分の資産がある感覚がよりリアルに感じられるようになり、よりブロックチェーンゲームは普及していくのではないか。

また、CryptoKittiesなどはゲーム内でのキャラクターを他のゲームにも流用できるよう後悔している。

このように他のDAPPSとの連携をしていくことにより今までにないゲームの形ができ、ブロックチェーンゲームはさらに発展していくのではないか。

 

イーサエモン開発陣パート

 

次にイーサエモン開発陣の方々より、イーサエモンというゲームがどのような立ち位置なのか、今後のロードマップについての話がありました。

 

昨今のゲーム業界のアップデート<2.0から3.0へ>

 

今までのゲームは段階を踏んで成長を遂げている。

ゲーム1.0としてコンソールで入り、自分ひとりでやるスーパーマリオのようなゲームがあった。

ゲーム2.0としては他の人々と同じゲーム空間を共有し、その中で戦ったり、共有したりする。「皆で楽しむ」娯楽へと進化した。

また、ゲームをするだけでなく「見る」文化もでき、e-sportsという市場も形成された。

しかしこれまでのゲームにはセキュリティーの問題、所有権の問題、プレイヤー間の資産の交換ができない、などの問題が依然として存在した。

 

これを解決するのがブロックチェーンゲーム、いわばゲーム3.0である。

ゲーム3.0ではブロックチェーンを使用する事によりこれらの問題を解決する。またVRと連携することによってユーザーに対して新しい体験を提供する。

 

イーサエモンの結ぶパートナーシップ

 

イーサエモンは様々な企業とパートナーシップを結ぶことにより、現在のDAPPSが抱える様々な問題を解決していこうとしている。

 

Zillicaとパートナーシップを結び、Zillicaをサイドチェーンとして使うことにより、ブロックチェーンゲームの抱えるスケーラビリティの問題を解決する。

また、Gincoウォレットとの協力により、ゲーム用ネイティブウォレットを作る予定。

構想中のVRワールドはDecentralandと協力して進めており、来年の早めには実装できるように進めている。

 

現在はガス代対策としてオフチェーンで運用しているが、今後はまたゲーム内のアセット部分をブロックチェーンに乗せ、ハイブリッドモデルでの運用を考えている。

最新アップデート情報

 

直近のアップデートではアドベンチャーモードを実装予定。

これは、プレイヤーが土地を所有し、他のプレイヤーはその土地を探索する事によってレアアイテムやレアモンスターが手に入るというもの。

土地を持っているプレイヤーは土地の入場料を徴収することによって利益を得ることができる。

アドベンチャーモードは8月ごろにローンチ予定。

 

懇親会

 

この後はイーサエモンバトルシーンのデモ、質疑応答、イーサエモンTシャツプレゼントクイズなどがあり、和気あいあいとした雰囲気でした。

イーサエモンTシャツ欲しかったものの、クイズの難易度がなかなか高く、、、

なかなかストイックな皆さんでした。

イーサエモン開発陣への質疑応答にはダプマさんが代わりに答える場面も。さすがの知見ですね。

 

この後は簡易的な懇親会があり、和やかな雰囲気の中何人かの方とお話させて頂きました。

やはり皆さんブロックチェーンはまだまだ発展途上で問題は山積み、と認識はしているものの今後への期待感は間違いなく高いようですね。

まあ期待している人しか来ないでしょうが

スポンサーリンク



まとめ

 

イーサエモン開発陣の熱い想い、スピード感を肌で感じることができ、非常に良い機会となりました。

開発陣の顔が見えない、情報発信が少ない、スピードが遅いなどの要素があるとスタートアップの分野では特に、ユーザー側が不安になります。

ICO詐欺なども多い中、ユーザーからの信用という部分は非常に重要かと思いますがその点でイーサエモンは非常に好印象です。

他のDAPPSと比較して開発も非常に速く、改めて今後へ期待しています。

(偉そうな事言っといて全然やってません。とりあえずイーサエモンもう少し育てます。)

 

以上、イーサエモンミートアップレポートでした。

◆Twitter

本日もツイート中。

関連記事

  1. Etherbotsホーム

    ロボット対戦型DAPPSゲーム「Etherbots」がリリース!戦略性満載で面白い!

  2. ブロックチェーン上に愛を永遠に残すLovechainのコンセプトが面白い

  3. クリドラドラゴン

    クリプトアンドドラゴンズはポケモン系DAPPSゲーム!種族値、遺伝値と戦略性満載!

  4. Web3.0セミナー

    活用のブロックチェーン〜TrustとKyberNetworkで見るWeb3.0の可能性〜参加レポート…

  5. 未来のゲーム

    ゲームで現金を稼ぐ方法!遊んで生きていくのも今後は当たり前?

  6. イーサリアムが作るDAPPSネットワーク

    DAPPSとは?仮想通貨×アプリの革命児をわかりやすく解説!

  7. イーサリアムとブロックチェーン

    ERC20トークンって結局何なの?難しい言葉を使わず説明します。

  8. Toshiロゴ

    「Toshi(トシ)」完全使い方ガイド!スマホでもDAppsゲームを快適に

人気記事

  1. 未来のゲーム
  2. DAPPSイメージ
  3. Web3.0セミナー 後編
  4. CryptoSpellsロゴ
  5. クリドラドラゴン
  6. Web3.0セミナー
  7. Etherbotsホーム
PAGE TOP