注目の記事 PICK UP!

DAPPSとは?仮想通貨×アプリの革命児をわかりやすく解説!

イーサリアムが作るDAPPSネットワーク

DAPPSとは?仮想通貨×アプリの革命児をわかりやすく解説!

 

仮想通貨の事を調べているとよく出てくるであろうキーワード、DAPPS。

実は今、仮想通貨と同じくらい注目され、そして仮想通貨以上に実用化が進められています。

近い将来、仮想通貨業界のみならず、ありとあらゆる業界、さらには私たちの生活にも深く踏み込んでくるのは間違いありません。

他人事ではありません。あなたの働いている業界にも必ず絡んでくる日が来るでしょう。

超、超、超重要キーワードになるのでここでしっかり理解しておきましょう!

 

・DAPPSってそもそも何?

・DAPPSの特徴とは?

・DAPPSの仕組み

・主なDAPPS紹介

・DAPPSでどんな風に未来が変わるのか?

 

上記について誰にでもわかるよう、わかりやすく説明していきます。

本記事を読み終わる頃にはあなたもDAPPSの持つ可能性にわくわくし、未来への期待へ心躍らせる事間違いないでしょう!

現に私がDAPPSの持つ可能性に大きく期待している人の一人です。(じゃなきゃ本ブログのテーマにしません)

また、DAPPSの具体的な始め方については以下の記事にて紹介しています。

DAPPS(ダップス)ゲームの始め方と最低限必要な準備まとめ!

それでは行ってみましょう!

スポンサーリンク



 

DAPPSってそもそも何?

イーサリアムが作るDAPPSネットワーク

DAPPSを簡単に一言で説明すると

「仮想通貨と連携することにより、従来のアプリの様々な問題点を解消した、次世代型のアプリケーション」

となります。

 

もう少し詳しく説明すると

「ブロックチェーン上に展開されていおり、事前設計、自動化された、非中央集権的なアプリケーション」

といった感じでしょうか。

何のこっちゃ?って感じですよね。

今はそれでOKです。安心してください、これからわかりやすく説明していきます。

 

DAPPSは分散型アプリケーション(Decentralized Applications)の頭文字を取ってDAPPS(ダップス)と言われています。

表記のされ方はDAPPS、dApps、DAppsなど統一されていません。

 

DAPPSのアプリケーションと言っても形態は様々です。

例えばスマホアプリには「ゲーム」「ブラウザ」「SNS」など様々なものがありますよね?

同じようにDAPPSの中にも色々な種類があります。

出たばかりということもありまだまだ種類は少ないですが、「ゲーム」「予測サービス」などのアプリが発表されています。

 

提供されるサービスは似ているものの、今までのアプリとは性質が異なる、全く新しいアプリケーションと考えてください。

 

DAPPSの今までのアプリと違う点とは?

では、DAPPSは今までのアプリとどのような所が異なるのでしょうか?

DAPPSはブロックチェーンをベースに作られている為、いくつかの特徴が存在します。

が、まずはブロックチェーンなどの難しい所は省いて、今までのアプリと違う点、特徴を説明していきます!

難しい所はいいから今までのアプリと違う点だけ知りたいという方はここだけ読んでもOKです!

 

アプリケーション内でトークン(仮想通貨)が流通している

仮想通貨イーサリアム

DAPPSではアプリケーション内で、日本円にも交換可能な仮想通貨が流通しています。

 

例えば今までのアプリでは基本的にアプリ内でのお金のやり取りはできなかったかと思います。

例えばゲーム内に自分のお金を入れてそのお金でゲーム内のアイテムを買う、、、や

ゲーム内のアイテムを売って実際のお金にする、、、

そんなことは想像すらしなかったでしょう。

 

しかし、仮想通貨と連携することによりDAPPSではアプリ内での金銭のやりとりが実現しました。

 

しかもアプリケーション内で特定の行動をすることにより、参加者には報酬が支払われるように設計されています。

例えばゲームでは戦いに勝利することによって仮想通貨をGETしたりすることが可能なわけですね。

 

管理者(運営主体)が存在しない

分散されたネットワーク

DAPPSでは、そのアプリケーションを管理する運営主体が存在しません。

 

例えば従来のスマホアプリでは当然「運営」と呼ばれる管理者がいますよね。

例えば「メルカリ」のようなフリマアプリであれば運営が常にユーザーのやり取りを仲介し、監視をしていました。

 

しかしDAPPSでは運営は基本的に存在せず、ユーザーのみで成り立っています。

もちろん最初にDAPPSを開発する開発者はいるものの、一度作ってしまえばあとは放置、DAPPS内のやり取りに介入することはできません。

つまり、「完全自動化」されたアプリケーションです。

 

DAPPSはよく自動販売機に例えられます。

自動販売機ではお金を入れて、商品を選んでボタンを押せば、商品が出てくるように設計されていますが、DAPPSも同様です。

 

予めアプリ内でユーザーが特定の行動をした時に、特定の額の報酬を支払う。

特定の行動をしたときに特定の額を徴収する。

こういった仕組みも含めて全てが自動化されています。

必要に応じて、DAPPS設計者からDAPPSの仕様をアップデートされることはありますが、アプリ自体は完全自動で動きます。

 

運営主体がいないことのメリットですがまず、手数料の削減が挙げられます。

今までのアプリだと何をするにも運営が仲介し、手数料をとっていましたが、完全アプリ内ユーザー間でやり取りをすることによって手数料が今までよりもかからなくなります。

 

また、単一障害店が存在しないというメリットが存在します。

今までのアプリケーションは運営が持つサーバーを使用してサービスの提供がされていたため、そのサーバーが落ちてしまえばサービスが停止します。

しかしDAPPSではサーバーが存在しないため、サービスの停止という概念がありません。

また、管理主体がハッキングされる等して、ゲーム内の情報を改ざんされたり、消されたりすることもありません。

 

「何があっても絶対に止まることなく、消えることもなく、勝手に動き続けるサービス」という事になります。

 

オープンソース化されている。

ソースコード

DAPPSではアプリケーションの全てのソースコードが誰でも閲覧可能な状態になっています。

自動販売機で言えば「設計図が誰でも閲覧可能な状態になっている」といったところですね。

これにより、「不正ができない」というメリットがあります。

例えば従来のSNSゲームにはよく「ガチャ」が実装されていますが、当たりの出る確率は不透明です。

運営の発表した数字を信じるしかユーザーにできる事はありません。

 

しかし、DAPPSでは確率も含めて全て、見ようと思えば誰にでもみる事が可能です。

ガチャ確率、適切な報酬が支払われているかなど全てがオープンなので、非常にフェアです。

また、DAPPS開発者は既存のDAPPSのソースコードを見て、新たなDAPPS開発へ役立てることもできます。

 

ユーザーの合意によってDAPPSの改善がされる

プロトコルのアップグレード

DAPPSでは、ユーザーが合意することによって、プロトコルの改善を行うことができます。

これもDAPPSの持つ非中央集権的な側面の一つですが、ユーザー側がアプリケーションの改善に参加することができるわけですね。

ユーザーは「アプリをただ利用する側」から「改善していく側」の立場にも立てるようになります。

 

DAPPSについてもう少し詳しく

ブロックチェーン

ここまでDAPPSの今までのアプリケーションとの違い、について解説しました。

ではなぜそのような特徴が存在するのでしょうか?もう少し詳しく話していきます。

 

DAPPSはブロックチェーンの分散型台帳技術によって、ネットワーク上の参加者全員で共同管理する仕組みとなっています。

ブロックチェーンとはインターネット上の分散型台帳技術と呼ばれる、非中央集権的な仕組みです。

つまり、運営主体を持たず、参加者全員で少しずつ協力してデータを持ち、運営していこう!という仕組みになります。

 

全員で共通した情報を持っているのでデータの改ざんは不可能です。

またどこかのインフラに障害が起きても残りの参加者だけで今まで通り運用が可能です。

そして誰でも過去の情報を参照する事ができるので、非常に透明性が高い、という特徴を持ちます。

 

そんな特徴を持つブロックチェーン上で動いているアプリケーションがDAPPSです。

DAPPSは特定のサーバーではなく、ブロックチェーンの上で動いています。

その為、ブロックチェーンの持つ非中央集権制、透明性がDAPPSにも反映されるという事ですね。

 

DAPPSのベースには幾つかのプラットフォームが存在しますが、今現在はほとんどのDAPPSがイーサリアムのブロックチェーン上で動いています。

イーサリアムとは2018年現在、時価総額がビットコインに次いで第二位の通貨であり、DAPPS開発に使われている点で非常に期待されています。

 

イーサリアムの特徴として、「スマートコントラクト」という仕組みを実装している事が挙げられます。

「スマートコントラクト」というのは「契約の自動執行機能」で、まさに先に説明した自動販売機の機能です。

つまり、あらゆる契約行動を予めブロックチェーン上に記載しておき、その行動をとった際に自動的に取引、支払いがされる機能となります。

この仕組みがあるおかげでイーサリアムは柔軟なDAPPS開発ができるわけですね。

 

主なDAPPS例

ビットコイン

ビットコインのアプリケーション

なんと最も有名な仮想通貨、ビットコインもDAPPSの一つです。

ブロックチェーン上で動いており、管理者がおらず、トークンが流通している、とDAPPSの条件を完全に満たしています。

DAPPSでは広義にアプリケーションと言っているものの、必ずしもアプリの形をとっているとは限らない、という一つの例ですね。

 

Bitpet(ビットペット)

ビットペットトップ画面

今DAPPSで最も多くリリースされているのはゲーム市場でしょう。

中でもビットペットは人気の高いゲームの一つです。

ビットペットと呼ばれるきもかわいい(?)キャラクターを育て、繁殖させて、レースに出して競わせる事ができます。

レースに強いビットペットや、レアなビットペットが手に入れば売ることによって利益を稼ぐことも可能です。

ビットペット公式サイト

 

ETH.TOWN(イーサタウン)

イーサタウントップ画面

不動産投資DAPPSゲームです。

ユーザーは不動産投資家となって土地の売買をし、資産の増加、シェアの拡大を目指すゲームです。

DAPPSなので当然、ゲーム内では実際に使える仮想通貨を使用する事となります。

実在する人物を模した様々なキャラクター(ヒーロー)が印象的です。

イーサタウン公式サイト

 

Gnosis Olympia

Olympiaトップ画面

未来を予想し、その結果に応じて報酬が支払われる予測市場系DAPPSです。

選挙結果や試合結果など、未来の事柄を参加者全員で予測し、当たった人へ報酬が支払われます。

ギャンブルに近く、少数派には多く報酬が支払われる仕組みとなっています。

スマートコントラクトにより処理されるDAPPSなので胴元による搾取が存在しないのも特徴です。

Gnosis Olympia公式サイト

 

DAPPSで未来はどのように変わるのか?

Dappsで変わる未来

DAPPSは世界を変える、とまで言われています。

ではDAPPSによって具体的にどのように未来が変わっていくのでしょうか?

個人に権力が分散される

今まで、通貨の発行は政府、サービスの運用は大企業と、権力は一部に集中しており、個人が関与することは基本的にはできませんした。

しかし、DAPPS持つ非中央集権的な仕組みによりその常識は覆されます。

個人が通貨を発行できるようになり、サービスの運用は個人間で行われるようになります。

 

小さな経済圏が乱立する

個人で気軽に通貨の発行が可能、またDAPPSで気軽にお金を稼ぐ事が可能、となると、そのDAPPS内では小さな経済圏ができる事になります。

各DAPPS、各仮想通貨内で個人から個人の取引、というレベルの小さな経済圏が乱立することとなります。

それらの経済圏が、クロスチェーンなどを始めとする、通貨の垣根を超えた仕組みにより相互に連携される経済となります。

 

こうなると経済圏を回すのは大企業や国家ではなく、以前より強い権力を持つ個人となるでしょう。

すなわち将来的には会社や国に依存する事なく、各個人が自分に合った経済圏を選んで、その中でお金を稼いで生きていく事になります。

 

仲介ビジネスが淘汰される

DAPPSの持つ自動化の仕組みが普及すると、今まで仲介することによって手数料を得ていた仲介ビジネスは取って代わられることとなります。

今までの仲介が自動化されることは工場の単純労働がロボットにより自動化されることに似ています。

仲介をDAPPSに任せることにより人間が本来すべき、思考やアイデア出しに割ける人口が多くなり、技術発展の速度も加速するかもしれません。

スポンサーリンク



 

まとめ

DAPPSは今までのアプリにはない新しい概念を持っている為、とっつきにくい部分もあるかもしれませんが、間違いなく世界を変える力を持っています。

技術の進歩に人は抗えません。

どんなに止めようとも、より良いものは出てくれば今までの物は淘汰され、世界は変わっていきます。

 

DAPPSの持つ可能性も含めて壮大な話をしてしまいましたが、結局はアプリケーションです。

当サイトでは様々なDAPPSを紹介しています。

ハードルが高いものでもなんでもないので、まずは使ってみてはいかがでしょうか?

 

本日も最新DAPPS情報をツイート中!

関連記事

  1. 広がるDAPPS

    DAPPSが普及するために今、足りない3つの事

  2. 未来のゲーム

    ゲームで現金を稼ぐ方法!遊んで生きていくのも今後は当たり前?

  3. Toshiロゴ

    「Toshi(トシ)」完全使い方ガイド!スマホでもDAppsゲームを快適に

  4. Axieタイトル

    Axie(アクシー)はゆるキャラ系バトルゲーム!ルールをわかりやすく解説!

  5. DAppsゲーム・クリプトピザ(Cryptopizza)が想像を絶するクソゲーだった

  6. Web3.0セミナー

    活用のブロックチェーン〜TrustとKyberNetworkで見るWeb3.0の可能性〜参加レポート…

  7. Web3.0セミナー 後編

    活用のブロックチェーン〜TrustとKyberNetworkで見るWeb3.0の可能性〜参加レポート…

  8. Etherbots(イーサボット)のルールまとめ!属性やバトルの仕組みを全部解説します。

人気記事

  1. 未来のゲーム
  2. Web3.0セミナー 後編
  3. DAPPSイメージ
  4. CryptoSpellsロゴ
  5. クリドラドラゴン
  6. Web3.0セミナー
  7. Etherbotsホーム
PAGE TOP